便秘を甘く見てはいけません

原因と症状を知っておこう

便秘の中には他に原因があって、そのままにしていると、大変な事になってしまうこともあります。

便秘の原因がはっきりわかるもので、特に深刻な病気は、消化器官の病気が原因です。
大腸がんやクローン病など腸の働きに異常が起こり、便が健康な人よりも、通りずらくなってしまいます。
それだけではなく、その便秘が原因で腸閉塞になる方も少なくありません。

その他にも、内科的な病気、糖尿病やパーキンソン病があります。
このような内科的な病気の特徴として、病気の治療中に、便秘になってしまうことが多いようです。
一番の原因として、薬の副作用が多いようです。
だからと言って、薬を飲む事を簡単にやめてしまうことも問題です。
医者に相談することが、一番でしょう。

治療方法を知っておこう

ほとんどの病気は薬によって治療する人が多いと思います。
しかし、薬にも相性があり、病気を治すために飲んでいた薬が、結果的に悪影響になってしまうことがあるのです。
食事にも食べ合わせがあるように、薬にも飲み合わせがあるということです。

原因がわかっているので何とかしたいところですが、病気を治すためにも、薬は飲まないといけません。
そして高齢になっていくにつれて、飲む薬も多くなっていくので、余計大変なのです。

原因がわかっている場合は、原因がわかる安心感と、どうする事もできない現実があるのです。
しかし、もしかしたら、便秘の解決策があるかもしれません。
一人で悩んでいる方は、担当の医者に相談することが大事です。